スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫・オリンピックに行けず

カンボジアで国籍を移してまでオリンピックを目指していた猫ひろしさんがオリンピック委員会に認められず、結局参加資格なしとなったニュースがありました。

実は、この方、私、別大マラソンに出ていたころから不信感をもってまして・・。

オリンピックに出たい人はいくらでもいますよね、でも出られるのはほんの一握りの人です。日本人はお国柄か、マラソンは強い分野なので、ふつうにしても出場できない、だから「マラソン弱い国」に国籍を移して出場権を得る・・・。

オリンピックは個人だけでなく、国の代表なのです。愛国心を持って、国の名誉のために戦っているのです。それを「弱い」という理由で国籍を移すことがオリンピックの精神に則っているのか・・・?大きな疑問があります。これはカンボジアの方々にとても失礼な行為だと思います。

さらに、彼は別大マラソンの時に沿道の人に手を振ったりして走っていました。自分を応援してくれている人たちにありがとうと言いたい気持ちはどんなランナーでも同じです。でも、その一瞬に力を使うのでなく、自分のもてる全てを走ることに使って結果を出してこそ、応援してくれている人の気持ちに応えることだと知っているから、彼らはただただ走り続けるのだと思います。こんな彼が「アスリート」なのか?というと、彼自身がインタビューに答えて「あなたはアスリートですか?タレント(漫才師?)ですか?」との問いに「僕はあくまでタレントです。」と言っていました。

そのあと、めざしを咥えて「にゃ~」と言っている様子を見るとどこにもアスリートのあの、美しさは見られませんでした。

私は今回、彼は出場できなくてよかったと思っています。彼自身、今後も半分以上は日本に居て、日本で活動すると言っているのですから・・。

私はもし、本当に彼がオリンピック出場を願うなら、カンボジアで生活し、生活の拠点をそこに移して、カンボジアのタレントとして皆に愛されて初めて、少なくともカンボジアの選手候補となれるのではないかと思います。

同じタレントでオリンピックを目指していても「南海キャンディーズ」の静ちゃんは全くのアスリートの顔をしています。マスコミももっとよく考えて報道してほしいものです。猫ひろしさんがたとえ陰でどんなに練習していたとしても、今のままではただの一タレントのわがままでしかないと思います。
スポンサーサイト
プロフィール

Jeylynx

Author:Jeylynx
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
ANA”旅感”
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。