スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北九州球場・ファイターズアウェイの戦い

昨日は北九州市民球場にてホークス・ファイターズを観てきました。
昨年度は観戦できなかったので、2年ぶりです。
しかし、毎回思うことながら、「寒い!」のです。

北九州市民球場は今となっては珍しい野外球場で、グラウンドの広さも大変狭く2万数千人しか収容できません。したがって、雨が降ってはお流れとなり、人も福岡ドームの半分程度で、飲み物もお弁当もなんでも持ち込み放題となると主催者としてはあまりうまみがない球場です。

この球場、打者にとっては天国で、投手にとっては悪夢のようなグラウンドなのです。外野フライかと思うと、「あら、ホームラン」風が吹いては「あら、エラー」。まさに毎回波乱含みの展開となるのです。

思えば、数々のドラマを生んできたのもこの球場です。
今はホークス2軍監督の秋山が2000本安打を達成したのもこの球場でしたし、若田部がホークスで最後に投げたのもこの球場、しかも雨のため5回で終了。
そして今回もドラマが生まれました。投手の大隣がプロ入り初完封をしたのです。試合内容は2安打を許すのみで、緩急をうまく使ってストレートを生かした投球でした。久しぶりに聴く投球の「バシィ!」という音は小気味よく、やはり生観戦はよいなぁと思いました。

ホークスとしてはこの球場の特徴に慣れているので、ある程度の覚悟(打たれ始めたら大量に点が取られるなど)をして、試合に臨んでいますが、アウェイのチームにとっては、多分とてもやりにくい球場でしょう。しかも1塁側であろうが、3塁側であろうが、どちらも「ホークスファン」。数えてみたけれど、ファイターズのファンは3塁側の一角に陣取って旗をふっているみなさんだけでしょうか?その数数十人・・・。2万7千分の数十・・・。果敢に応援歌を歌って選手を鼓舞している応援団の方々こそなぜか応援したくなってしまいます。

fighters2.jpg

懐かしい野外球場とアウェイで奮闘するファイターズ応援団

ちなみにスコアは9対0でホークスのX勝ちでした。調子悪かった松中がこれで復活してくれればいいなぁと思いながら、私自身は4回裏まで観戦して帰宅の途につきました。
もちろんそんな展開のときに帰る人などほとんどおらず、ぽちぽち歩きながら真っ暗な夜に映える静かな桜並木と、球場からあがる歓声とのコントラストを楽しみながら、肩をすぼめながら帰りました。

「それにしても、この時期の北九州市民球場、さむーーーーい!!!」

コメント

非公開コメント

プロフィール

Jeylynx

Author:Jeylynx
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
ANA”旅感”
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。