スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父のこと。

父は団塊の世代の人です。
一昨年、30年近く続けていた商売をやめてからも
まだ毎日仕事に出かけていきます。
父は働き者なので、商売を続けながらも
他に仕事を掛け持ちしていたのです。

小さいころの父はとにかく行儀に厳しい人でした。
よくゲンコツをもらったことと、特に食事時の無作法には
裏箸でバシッっとたたかれました。
「たまに学校に授業参観に行ったときなども、授業中もかまわずに
ゲンコツをしたものだ。」と懐かしそうに本人も言います。
しょっちゅう怒られていたので、もうそんな一つ一つのエピソードは
私は覚えていないのだけれど、そんな風に育ててしまったので
私が今、こんな風になったのだと、酒を飲みながらの時は
ちょっと後悔しているように話したりします。
(しかし、生来の性格なので違うよ、と言ってあげたい)

6年ほど前、家族で始めて海外旅行に行きました。
父はそれまで海外に行きたいと強く思っていたようで
パスポートまで取得していたのに、母の反対で行けなくて
とうとうどこへも出かけずに期限切れとなってしまったようでした。
さすがに家族全員での家族旅行に母も「それじゃ行ってみようかね。」
と賛成し、4日間のシンガポールへの旅に出かけました。

それからです。父は「海外はこんなものか。」と思ったのか、ツアーなら
安心と思ったらしく、毎年毎年一人で海外に出かけていくようになりました。
観てみたかったという「オーロラを観る」旅。「グレートウォールを歩く」旅、
「ナイアガラフォールを体験する」旅。はたまた最近はアフリカまで
出て行くようになりました。今では父の部屋は勲章のように各地で撮った
写真入の額がところ狭しと飾られています。
そんな父は海外旅行の日程を直前までひた隠しにし、旅行前一週間
(今回の年末は数日前だった)くらいにようやく「●●にちょっと行ってくる。」
などとうれしそうに言います。
たぶん今が父にとって絶頂の「青春時代」だと思います。

「年をとったら、おまえ(母)と、今度は国内旅行しまくるけんのぉ。」
という父。いったいいくつを「年」だと思っているのでしょうか。

父はありがたいことに今日もとっても元気です。

コメント

非公開コメント

プロフィール

Jeylynx

Author:Jeylynx
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
ANA”旅感”
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。