スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「あなたとは違うんです」2

ちょっと真面目に考えてみた。
この「あなたとは違うんです」発言の意味は
「私はあなたと違って、客観的に自分のおかれている状況を把握できてるんです。このままいけば私はなにもできない政治家で終わってしまうんです。再起をするためにも一旦ここで退場するのが、私の政治家としての生命は持たせることができるんです。」
とかなんとか・・・?
じゃ、「あなた」以外の人は、あなたが自分のことを考えている間に、どれだけ迷惑するわけですか?
と、こんなことを考えたりするんだったら、前途多難だからといって、辞任したりしないですよねぇ。

これに似た人の話を聞いたことあるなぁと思いました。最後の将軍の「徳川慶喜」です。慶喜は、部下が戦っている間、形勢不利で、「このままでは自分は悪者にされてしまう」と読むや否や、大阪城を捨ててこっそり一人だけ戦艦に乗り込んで江戸へ逃げ帰ってしまいます。
その後の大政奉還だって、悪者になりたくない一心で「はいはい」ということを聞き入れ、蟄居してしまうのですが、これをもし、今、彼がこの時代にいるとすればたぶん
「私はあなたとは違うんです。世の中の動きも、形勢も、自分の置かれている立場も客観的に見ることができるんです。」
などというのじゃないでしょうか。
彼は日本で一番初めに自転車に乗った人だときいたことがあります。自分が日本の将軍だったとか、そんなこと、彼にとってはあまり重要じゃなくて、むしろ自分の興味とか、保身とかのほうが大切だったんじゃないかと思ってしまいます。だって、そのころ、身分制度がなくなって、食べるに困る武士が沢山いたんですよ、それを考えれば、自転車なんてウキウキ乗ってる場合じゃないと思うんですけどね。

世の中には「してもらうこと」に慣れている人が大勢いますが、そのような人に限って、世の中を動かす立場に居て、「してやってる」と思っても、「してあげて、相手が喜ぶのが自分の喜び」なんて人はあんまりそんな地位に居ないんでしょうかね。
こんなに政治が低迷しているようでは、結局また「官僚」というシャドウキャビネットにいいようにされてしまうじゃないですか。或いは、いままでずーーっと、この「してもらうことに慣れた」人々は、ただ御輿の上に乗るだけで「乗っかってやってる」ってだけの人々だったんでしょうかね?

そろそろ「自分のこと」を客観的に考える人じゃなくて、「一つの国」としてのあり方を客観的に考えてくれる人は出てこないのだろうか・・・。

コメント

非公開コメント

プロフィール

Jeylynx

Author:Jeylynx
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
ANA”旅感”
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。