スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ありがたみ」その1

私は時々近くの神社へ行く。「一応」お参りに行くのだが、差し迫って何かをお願いに行くとかいうことは昨今しなくなり、どちらかというと、なんとなく「癒されに行く」というのが正しい。
神社はこの古墳の多い地区にまだ形を残す「鎮守の森」にあって、参道はうっそうと生い茂った広葉樹に囲まれて、夏であれば涼しいのだが、秋は午後となるとやがて来る落日をすぐに迎える。

さて、昨日も買い物に出かけるついでに神社へポテポテと歩きながらお参りに行くと、参道の入り口からずっと木の葉が無造作に落ちていて、まるで荒れ社のようであった。そういえばまだ夏休みの終わりごろに来たときも、そんな印象を受けたと思いつつ、105段とか何段とか、登るたびに段数が変わるなどといういわくつきの階段も落ち葉が折り重なるように有り、これはずいぶん年季が経った光景だと寂しい気分で上がっていった。階段の頂上まで登り、正殿が見えるところまできたものの、そこから先の参道もまた落ち葉で汚れていた。これを「風情」と取るか、「荒れ放題」と取るか難しいのだが、少なくとも私の目には「わび・さび」とは感じなかった。「侘び・さび」とは「野にあるように、心を尽くして手を入れた」美しさであり、決して無関心ではありえない。「手を入れたと見せないように、心を尽くす。」ことが本道だと思う。

さて、お参りを済ませたものの、やっぱり「ヒーリング」という気分には到底ならず、これは本殿前だけでも掃き清めようと箒を探したが見当たらず、もんもんとしながら帰宅した。
そういえば、母は夏に「神社の落ち葉を掃いた」と言っていたなと思い立ち、尋ねてみると、「本殿の下に箒がおいてある」とのこと。なるほどあそこにあったのか、と思い出していると、訳を知りたがる母に参道が荒れ放題だという話をした。
話終わった後に「まてよ?母は(早起きなのでいつも散歩に行くのだが)また、この話を聞いて、いてもたってもいられず(そういうおせっかいの人なので)明日にでも散歩ついでに参道の掃除に出かけてしまうのでないだろうか?」と心配になった。
あの長い参道をまた一人でブツブツ言いながら掃除をし、帰ってきては「ああ、疲れた」などと言う母の姿が容易に想像できて、これはまずい、と思った。
そう思うと、いいだしっぺの若い自分がなんにもしなくて、年の母が(いくら元気といっても)急な階段であの距離を掃除しだしてはたまらないと思い、私の中の神様が「どうせこの休日の午後、ネットサーフィンでもして目が悪くなるのなら、たまにはダイエットに掃除でもしてみろ。」と言っている気がして、これまたポツポツ出かけた。
持参した箒とちりとりで本殿前から掃き始めてすぐ、一人の男性が「こんにちは。」と声をかけてお参りしていった。(いつも来るのかな?こんな汚くてご利益があるとか思うのかな?)などと頭の中でぶつぶつ言いながらワシワシ掃いていった。一時間くらいすればできるかと思ったら、思ったより落ち葉が多く、また階段が急で長いため、結局2時間半もかかってしまった。秋のやぶ蚊と戦いながら「もうやめようかな~~」と思うと私の中の神様が「ここまでやったら全部しないと、変じゃない?」などとのたもうので、やめるにやめられず、夕方薄暗くなってしまった。これは、こんなところで「掃除おばさん通り魔殺人事件」などとなっても大変なので、一応一通り終わったところでへろへろになりながら帰っていった。
あとで母に聞くと、あの階段はどこかのおばあさんがいつもきれいに掃除をしていてくれたそうだ。ただそのおばあさんが身体を壊してから、息子さんがするようになったらしいのだけれど(こう聞くと田舎の風習で当番かなにかだったのかとも思うが)おばあさんのようにこまめに気に留めることもなくなったので、荒れているとのうわさだった。

今まで気にならないくらい、きれいにしてあったのは、そんな人のおかげだったと思いながら、もし、この神社が無くなったら、私にとっての「憩いの場所」もなくなるし、地域の人にとっても「春祭り」や「夏の夏越まつり」「秋祭り」に正月の「笙の音が流れてくる、年初めのお参り」も気軽にできなくなるわけだ。
そんなことを思いながらつくづく「ありがたみ」という言葉は現在に使うよりむしろ、日常では当たり前にあることが失われた時、そんな過去を懐かしむ事象へのエレジーなのかなぁ、、と思ったりした。

ところで、「母」がもし掃除に行っていたとしたらやっていたことを、代わりに全部私がしていることに今日気がついた。1.ブツブツいいながら掃除をする。2.ああ、疲れたとベッドに倒れこむ。追加で3.翌日腰が痛くてたまらない・・・。まぁ、いいだしっぺだし、帰ってきたらビールが美味しかったので、満足でしたけどね。或る意味「ヒーリング」な午後でした。

コメント

非公開コメント

プロフィール

Jeylynx

Author:Jeylynx
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
ANA”旅感”
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。