スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【触受】イマジン/ジョンレノン

真夜中にwebでアニメを見ようとGyaoを開いた。そうしたらお目当てのプログラムが見つからず、ふと目に付いた「イマジン」の文字に「あぁ、ミュージック番組もあるんだ」と安易にクリックすると、それは曲ではなく、1本のジョンレノンのムービーであった。

例えば一つの絵画をみて、それから感銘を受ければ、その人の他の作品も見てみたいと思うと同時に、その画家のことを知りたいと思う。画家のプロフィールを見て、ファーストインプレッションと共にバックグラウンドで絵の理解をすすめようとする。しかしながら、音楽に関して(クラシックなどを除いて)ポップミュージックなどに背景を求めて来なかったなと気づいた。

そういえば私はビートルズを知らない。ジョンレノンを知らない。そしてオノヨーコを知らない。ただ、ビートルズ、ジョンレノンの曲しか聴いてこなかった。
リバプールで生まれたバンドが世界的に有名になり、一世風靡して音楽の世界に大きな影響を与えた。そしてなぜかジョンレノンの横にはオノヨーコという日本人。それくらいしか知らなかった。覚えのある映像としては、日本公演に訪れたビートルズのメンバーがJALの法被を着てタラップから降りてくる姿だ。マッシュルームカットの彼らがどのようにして嵐のように世界中を熱狂させたのか、CDで聴く曲からは想像できない。きっとこれが世代なんだと思う。

イマジンはジョンレノンという人の伝記だった。そう言ってしまえばそれで終わりだけれど、漠然と持っていたイメージも変わったし、本当に彼は早く生まれすぎたのかも知れないとも思った。人は自分の純度を上げようとすればするほど、多くの人と関わって影響し合っていくものだなと思う。自分を計るときにはどこか相対的でないと感じ取れない部分があるものだ。
でも影響の渦が大きすぎたのは、それはやはりジョンレノンという人が特別な人だったからに違いない。声が?曲が?思想が?精神が?・・・魂が?それは一概にどれとは言えない気がするけれど。

ジョンレノンの一生をわけるとすれば、ビートルズ以前、ビートルズ時代、そしてオノヨーコ時代に分かれるのかなと思う。ビートルズ以前の彼は自分を表現する術を知らない、ビートルズ時代の彼は表現することによって他人に与える影響を知らない、そしてオノヨーコ時代の彼は人に与える影響を知っているが、それをコントロールする術を知らなかった。
彼の根底にあるのは、自分を表現することを知らなかった少年時代にあるように思う。結局その後の人生で自分が受けた生に対する答えを探し続けていたんだろうか、と。
ビートルズ時代の彼はただ感情に任せて自分のために曲を作って、歌って表現していたように感じる。
オノヨーコと一緒になってからは、どちらかというと彼女のために歌っていたんだろうなと思う。平和について?そう、オノヨーコはジョンレノンという楽器を使って自分を表現していたのかな、とも思う。平和という活動をしたいと先導的に思っていたのはオノヨーコだったようだ。でも、それがジョンのような純粋な思いだったかというと私には疑問が残るけれど。ジョンは想いを形にしていった。そう「イマジン」。彼は表現し続けた。それはオノヨーコという一人の人の中に自分の居場所を見つけたから、そんな気がする。

Imagine there's no heaven,
Imagine there's no countries,
Imagine no possessions,

Imagine all the people
sharing all the world !

ビートルズの発言や曲はその言葉表面どおりに受け取られて、彼ら独特のユーモアやウイットに人々は時として良くも悪くも過剰に反応した。
イマジンの歌詞にある「想像してみてごらん、神が居ないということを」というのは、別に神を否定することではないと思う。「国がなくなればいい、たくわえを持つということが無くなればいい」、これだって別にそれらを否定しているわけではない。
宗教や国籍や人種や、そして財産というものはいつだって争いの火種になってきた。しかし、それらを否定することは自己表現を否定することだし、個性や人の存在意義といったものまで否定することだと思う。ジョンが言っているのは「それらがあってもいいけれど、それらを争いの元にしないで」。宗教同士だってつながれば否定しない、国境だって人種だって、お互いのよいところを認めて仲良くできるならきっとその方がいい、財産だって、本当はみんなが豊かに暮らせて人をねたんだりひがんだりする気持ちが起こらないなら、別にそれでもいい。本当のところ、きっとそう思っていたんだと思う。だから
「僕たちみんなは地球を分け合って生きているんだよ。(だからお互いに愛情を注ぎ合おうよ。)」
という言葉に辿り着く。

結局ジョンレノンは「愛される、愛する」ということは、どういうことなのか?普遍的にしろ、個人的にしろ、小さいころ見つからなかったその答えをずっと探し続けていたような気がする。

ビートルズ・ジョンレノン・オノヨーコ・イマジン。どれをとっても超一流のお題なので、研究者は星の数ほど居るんだろうけれど、つたない私見として、そんな風に感じた。

でも、想像してみて。”Imagine, all the people sharing all the world?” とジョンの声で語りかけられたら、”That’s all right, we do. “  そういいたくなりませんか? ねぇ?

コメント

非公開コメント

プロフィール

Jeylynx

Author:Jeylynx
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
ANA”旅感”
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。