スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紛争の種

昔からサービス業につく人は職務上触れてはいけない話題というものがある。

1:政治
2:宗教
3:人種

この3つはいつでも世界中で或いは日常においても争いの種になるからだ。
何かいけないとか、どれがいけない、とかいうことでなくて、どれもそれぞれの主張があるし、人が「生きる」という意味で不可欠且つ深いテーマだからだと思う。

先に「イマジン」でも触れたけれど、これらが無くなれば争いも半減するのかもなどとも考える。
政治という概念、宗教という概念、人種が分かれるのは生き物として仕方が無いけれど、丸顔の人も四角顔の人も、背の高い人もいれば低い人もいると考えれば、もしかして「人種」と分けているのは人間の概念かも知れない。それらを創り出すのが人間の進化とするなら、避けては通れない道であり、自分が何のために生き、そしてどこへ行くのかを考え続けるのが人間ということなのだろう。

昨日、キューバ革命50年の特別番組を見ていた。
政治によって、人々の生活が揺り動かされて、一貫した生活を送れないでいる人たちが映し出させれていた。
自国だけでなく他国の隆盛や崩壊によって、また自国も変わっていく。その中で真に”シアワセな一生を送る”ということは一体どんなことなんだろうかと考えさせられる。
キューバの場合は政治だが、イスラエルなどは宗教(それだけではないけど)だし、チベットでは人種が異なるために争いが起こる。どれも複合して起きているので一概には言えないのだが、大きなうねりに負けずに一生を送る、或いは流されながらも岸に泳ぎ着く人生を送ることは、本当に難しいことだと常々思う。

ところで私のブログにはいつもこの3つが書いてある気がする。今思うとなんて挑戦的なのだと思うけれど、どれも避けては通れないテーマだし、ブログという匿名性から(誰かを傷つけるのでなく)自由に意見ができるということもある。
誰かがわからない誰かの意見を見るときはそこに何の前提も存在しない。だからこそ、共感もできるし異議を言うこともできる。
自分が何者か?ネットの中に或いは本当の私が隠れているかも知れないので、これからもタブーに負けずブログることとします。。

コメント

非公開コメント

プロフィール

Jeylynx

Author:Jeylynx
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
ANA”旅感”
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。