ちゃりんこ・ちゃりんこ

GW前あたりから週2回のノルマを自分に課して自転車で出勤している。

初めの日のことをよく覚えているが、とてもどきどきして「果たして辿り着くのだろうか?」と思った。大げさだけど片道20kmくらいあるので、一体どのくらいの時間かかるかもわからなかったし、どの道を行けばいいのかも定まっていなかったから、道を行くのに安全かどうか?近道かどうか?いろんなことを考えながら走った。終点は決まっているのに、それまでは新たな出会いだ。ずいぶんアップダウンがあって、同じように自転車で行く人がいるけど、ずっと最後まで一緒の人は居ない。ここは通ったことがない、こんな道もあるんだと思いながら走った。一つの挑戦だと思いながら気持ちはMaxだったと思う。着いたときは一つの自分の壁を越えた気がしたし、あまりに疲れていたので、これが継続できるかどうか、自信もなかった。

しかし不思議なもので人は継続するとだんだんとそれが普通だと感じるようになり、苦しいのは苦しいけれど案外越えることができるのだと実感する。どんな難しい仕事も慣れればできるようになるのは人間の得意とするところなんだと思う。そうして私は週2回の自転車通勤を楽しむようになった。

以前沢木耕太郎の「深夜特急」で”旅は得ていくものもあれば時が経てば失うものもある”と言っていたが、一ヶ月もするようになると片道20kmの自転車の旅は「旅」ではなく「慣れた道を通う」だけになってしまった。初めはあまりいろんなものが目に入らなかったのに余裕が出てくると歩道のでこぼこやいつも群れているハトや、珍しい「ラーメンの缶詰」を売っている自動販売機などに感心が寄る。しかしそれを通り越すとそれさえいつもの風景になってしまうのだ。

だからといってじゃあ自分は苦しい自転車通勤を辞めたいのか?と思うとそれも違う。結局残ったのは「私は自転車に乗るのがすき」という気持ちなんだなと実感する。

いつかずいぶん昔に新入社員の自己紹介をしたときに、「自転車にのるのが趣味です。」と言ったが、それはとても自分にしっくりくる言葉だった。「サイクリング」でなく、「ちゃりんこ乗り」だ。
なぜ好きなのかは今でもわからないけれど、一応自力でどこまでも運んでくれるというところが合っているのかも知れない。

この自転車乗り、先日あまりの暑さに途中でめまいがしたため、残念ながら夏場はよすことにした。なんといっても私は遊びで乗っているわけでなく、あくまで「通勤途中」なのだから。不本意だけれど私も新入社員のように若いわけでないので、自分の体調を考える思慮くらいは持てるのは逆に”時とともに失うものもあれば得るものもある。”という例なんだろうかとも思う。

コメント

非公開コメント

No title

自転車通勤、かっこいいですねv-7

大人になって、服装や靴が自転車乗りにふさわしくなくなってきて、すっかり乗らなくなりましたが、学生時代は駅まではもちろん、友達と遠くまで出かけてました!

夏は日焼けも気になりますし、熱中症になっても大変ですv-534
また秋になって気候がよくなったら再開して、よい風景などあったら写真載せてくださいv-363

そうなんですよ~~

コメントありがとうございます。

自転車に乗らなくなってまた体重がキケン領域に突入しました(汗)
早く秋風が気持ちよい季節にならないかなーーと待ち遠しい毎日です。
プロフィール

Jeylynx

Author:Jeylynx
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
ANA”旅感”
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる