スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボルティモアという町

古きよき、東海岸の田舎町であるボルティモアは秋の金色の光の中にあった。街路樹は黄色の切紙を散らしたような単色で、木漏れ日はやわらかく降り注ぐ。町のメインストリートは1本道で、ずっと海まで続いている。
「ちょっと一休み。」
ドアの開いたカフェの中に背の高いスツールを見つけて、指さす。
「そうだね、休みどきだね。」
そう言って、外とは対照的に暗い店内に入っていく。眼が慣れないから余計薄暗い。壁にかかった幾つもの絵は、まるで子供が描いたような絵ばかりだ。太い線、コントラストのはっきりした彩色。お腹がすいているのに、食べる気がしない。ブラックアイスティーを2つオーダーする。

そういえばお金は彼が払った。いくらしたのだろうかと、ふと思う。

「少し冷えたね。歩こうよ。」
「氷が多かったね。日本のようにキューブではないから、解けやすいんだね。」
外へ出て私たちはまた黄金色の光の中に入っていった。アムトラックを降りてからもう一時間も過ぎているのに、私たちはまだどんな史跡にも歴史的建物にもたどり着いていなかった。ただこの海岸へ続くまっすぐな道を、光の中を進んでいるだけだ。
「心地いいね、光がクッションみたい。」
「クッションだったら、お昼寝だ。」
そう言って笑った。

笑い顔が光に消え、私の前に蓼科高原の冴えた紅葉が飛び込んでくる。私はあの町には居なかった。ただ、握るハンドルの向こうに見える黄金色の景色が、呼び覚ました夢だった。過ぎていく並木はタイムマシンのように記憶を巻き戻していく。

「ねー、どうしたの?あぶないよ。」
助手席の子供が心配そうに見つめる。
「ごめんねー、ちょっとね、おひさまがクッションみたいだったから。」
「だから?」
「うん、ちょっとお昼寝したくなっちゃったんだよ。」
そう言って、笑った。

そう、ちょっと現実をシエスタしたくなっただけ。ほんの少しだけね。

(この文章は半分以上フィクションです。お間違えなく(笑))

コメント

非公開コメント

プロフィール

Jeylynx

Author:Jeylynx
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
ANA”旅感”
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。