スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CMにご注意

世の中のトレンドを見る一つにCMがある。以前は「ふーーん、こんな新製品でたんだーー。」とか、「セールやってるなー。」とか、そんな風にしか見ていなかった。CMの中身というのは主に「これを視聴者に訴えたい」或いは「これを消費者に関心を持ってもらいたい」といったことだとおもう。ところがそれ以外に気をつけてみてみると、盛んにCMをしている業種や業態といった大きな括りでもトレンドがあることに気が付いた。(今まで漫然と見ていて全然気が付かなかった。)

最近気になったのは弁護士事務所のCMだ。以前はそんなマイナーなCMは見たことがなかったのだが、最近やたらと、しかもドラマ仕立てで作っているところもある。CMを流す費用対効果があるから流す、或いは一番CMが効果が大きくなってきたというのはまさにこの不況の中の「多重債務処理」にうまみがあるということなのだった。今朝の新聞に「全国何十社という弁護士事務所・多重債務処理で合計何十何億脱税(数字が不確かですみません)」みたいなことが書いてあった。しかも、正当な報酬に上乗せして報酬を要求してくるために、多重債務処理が行われても依頼者の暮らしは楽にならず、自立への道がない、という、まったく酷い話なのだ。

あとは、消費者金融の中に「○○銀行グループ」と入っていること。いわゆる「サラ金」といわれる高利貸しのバックに大手都市銀行が居て、そういう「サラ金」にお金を出して、高利をむさぼっているということなのだ。銀行が直接貸し付けをしても利率が低く、儲けが薄い。今言われている「貸し渋り・貸しはがし」として、そちらには貸さない。しかし、そうされると資金が必要で困る人が居るわけで、やむなく消費者金融に高利で借りる。(結局上の話の弁護士の多重債務につながってくるのだが・・・。)全く、やっていることにどちらも品位が無い。中小企業、多重債務者など、困っている人を食い物にして恥ずかしくないのだろうか。

もう一つ、やたらと目に付くのは(自動車関係が補助金がつくので売り時というのでやたらと出しているのはわかるとして)パチンコ屋のCMである。これは毎朝の新聞にも必ず折り込まれているので余計に目に付く。パチンコに行く人は黙っていてもいくのではなかろうか?とも思うが、実はこちらはもしかしてもう少しフクザツかも知れない。最近「パチンコ依存症」なる人がかなり多く、テレビでも取り上げられていた。「やめよう、やめよう。」と思っている人がCMを見たら誘惑に負けて条件反射的に出かけて行ってしまうのではないだろうか?こうなるとパチンコの広告も何らかの規制をかけるといった動きになってきそうである。どちらにしろ病気の人を食い物にしているとすれば、許せない、悪いやっちゃ!!

私達が民放を楽しんでみていられるのは、そういったスポンサーからの広告料なのだから、一定の理解を示す必要があるとは思うけれど、中にはこんなCMもあるのだということを考えておくのは自己防衛のために悪くないのではないだろうか。

ちなみに「CMって、英語でなんだっけ?果たしてそういえば英語でCMってきいたことないなーー。Advertisementは「広告?」・・・?Commercialなんとか・・・。」行き詰ったのでwebを見てみると"Commercial Message"。なるほど、そういわれてみればそうだ。しかし、米英諸国ではCMとは使わなくて"TV Commercial"と言うらしい。そうだ。そうだった。いずれにしろ「C(困った)M(メッセージ)」にならないで欲しいものだ。・・・・おあとがよろしいようで・・・・(汗)。

コメント

非公開コメント

プロフィール

Jeylynx

Author:Jeylynx
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
ANA”旅感”
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。