スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンダム00について

日本のアニメーションの世界はわりとロングランが多い。ほとんどがシリーズ化して生き残っている。その源はやはり30年くらい前の松本零士や手塚治、石ノ森章太郎といったSFロマン系のものなのではないかと思う。私たちの周りではいつも新しい技術で新しい生活様式が日々あふれていった活気に満ちた時代だったのも、追い風となったのではないだろうか。
21世紀になった今、鉄腕アトムとまではいかなくても、アシモのような人間くさいロボットが登場したり、サイボーグ009で使われていたよりはるかに高性能な時計だってあるし、お金の代わりをしてくれる携帯電話だって、ある。あのとき「夢」と思っていたことはすでに沢山現実のものとなっている。

一方で、現実のものになっていないことも沢山ある。人は無機物あるいは有機物からなにかを作り出すことはできても、自分たちの生きる方向性は少しも変えられていないばかりか、人としての理想を追うことからどんどんはるかに遠ざかっている気がする。
どうして人は自分を変えることをこんなにも苦手としているんだろう。

そう思わせるのが「ガンダム00」だ。ガンダムシリーズも安彦良和が第1作を投じてから、途切れることなく形を変えて、人を変えて、時間を変えて長く作られ続けている。時代設定は今から200年後くらい。宇宙にのびる長い発電用タワーを建設して、人々は今の世界で抱えているエネルギー問題を解決してさえも、まだ、争うことを止めない。人の欲望には限りがない。いつかそれが終えたとき、もしかして人としての進化(あるいはただの変質?)を終えてしまうかも知れないのだけれど。

ストーリーには200年後としてもかなりリアリティがある。宇宙開発の技術などは、実際日本の宇宙開発に携わるメンバーが加わっているらしいし、政治問題などにもたぶんスペシャリストが絡んでいると思う。今回のキーとなる「ヴェーダ」というまさに「神」とも言うべき演算機につけられた名前はインド哲学の「神への賛歌」から引用された名前だろう。そして、また、他方で「ヴェーダ」のコピーともいうべき演算システムにつけられた名前は「ラグナ」。これはきっと北欧神話の「ラグナレク」からつけられたと考えられる。「ヴェーダ」が「神への賛歌」であるとしたなら、「ラグナレク」は「神々の滅亡」を意味する。この相反する2つの人工頭脳が設計していく世界に人々はどう動かされていくか?あるいはどのように人として干渉していくか。これにもきっとどこかその道に詳しい人がかんでいるに違いない。そうして、作り手たちは「ガンダム00」の中で何を伝えようとしているのか?なぜ「アニメーション」でないといけなかったのか?そのあたりに日本のアニメーションの世界の特異さがあると思う。

日本のアニメーションの根底にある世界は「浮世絵」に代表される工房にあると言われている。そこでは徹底した分業があり、職人があり、独特の世界観がある。また創造していく楽しさと苦しさ、それは好きでなければできない世界だ。今でこそ地位が上がっているのかもしれないが、イラストレータたちやアシスタントという仕事は食うに食われぬ世界だと聞いたことがある。その情熱を支えているのはその「実像の世界」にはない「空想の世界」の魅力だろうと思う。

リアルでないものの持つ、表現性。たとえばテロリズムの台頭で人々は次々と殺されていく。それはリアル映像であれば余りにも眼につらい。子供たちに伝えるには刺激が多すぎる。でも、アニメーションが残酷でないかといえばそうではない。ただ、「伝えたいことを強調して伝える」ことができる一つの方法だと思う。

日本のアニメーションは世代を超えて伝える一つのメディアだと考える。そして、今ある現実を純粋に考えさせる。人はいつまで欲望に目を向けて、目の前に迫る現実から目をそらしているのかと。すなわち「人としての変革(自己変革)」をして、より尊厳ある生命体を目指せないのかと。

って、言いすぎ!?(笑)どうよ?

コメント

非公開コメント

む~~、今日のガンダムの内容みると、「ラグナ」は人だったようだが、タイトルが「滅びの道」というところを見ると、あながちそのような意図があったのだなーと思う。
しかし・・・サジはどうなるのか?敵対するんだろうな。きっと。
プロフィール

Jeylynx

Author:Jeylynx
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
ANA”旅感”
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。