政権交代して3

今、普天間移転の話があって、徳之島が分散案としてあがっているが、私からみると「行政区分が鹿児島ってだけであって、南西諸島の島っていう意味ではほとんど同じじゃないの?」とも思う。この話は言ってみれば、日本自体がもっと安全保障について全体で責任と痛みを分かち合う必要があると思う。
私としては、鳩山総理が行き詰っている理由の一つは、いわゆる本土の人たちは「沖縄が犠牲になっているのは不条理だ」と頭では思っていながら、結局心ではわかっていないということだと思う。のんびりした、田舎といっていい島のゆったりした生活に、いきなり黒船が来たように海兵隊が乗り込んできては、島民の人は心安らかではいられないのは当然と思う。外界からの刺激の少ない生活で、今日の続きが明日、という規則正しい生活をしている人たちには受け入れることは難しい。
私はむしろ、もっと都会に近い場所、本土に海兵隊をおくべきだと思う。実は自分の街に海兵隊が居てもいいんじゃないかと思っている。今、自分の街はいわゆる暴力団の本拠地があり、警察と激しく対峙している。暴力団より海兵隊のほうが国防という責任も果たせるからだ。しかし、これはあくまで「本当に自国の防衛を他国の軍隊に任せてよいのか」ということへの解を得てからの話である。それから、「戦う」「戦闘」とはどんなことなのか?ということを自分達が肌身で感じることが必要だと思うからだ。日本はもっと平和を享受するということが、どのように貴重なことが考えなければならない。そして「外交」とは「戦闘ナシに平和を維持する」ことだと理解し、もっと外交力をつけなければならないと思う。
そのために、国内外で国益を考えず、無秩序で価値もきちんと精させずに情報を垂れ流す今のマスコミの姿勢を糾弾してもよいのではないかと、また、思う。
鳩山総理が毎日、新聞紙面にて追い詰められている。私は総理自身の発言は、或るときは自分の弱さや逃げだとも思えるし、或るときは決断できない優しさ(優柔不断とは悪気のないそういう一面もある)の表れだと思う。毎日この情報を見せられている読者や、TVウォッチャーからすると「悪いやっっちゃ」と刷り込まれると思う。でも、時として、この政府は前政府では達し得なかった水俣病患者との和解、被爆者救済、障害者特別法の見直しなど、(資金の出所の議論はされていないものの)弱者へ手を差し伸べることもしてきたのだと、認めてあげなくてはならないのではないだろうか。

一度も政権担ったことがない、慣れない集団が、(小沢問題など旧政党の弊害があるものの)よろよろとヒナのように立とうとしているのを見ると、誰だって初めてというのは、うまくやれるわけがないわけで、私としてはもう少し任せてみてはどうかとも思うのである。(但し、鳩山総理が一番上にいるのはどうかと思うが・・。)

コメント

非公開コメント

No title

期待が大きい分失望も大きいのかな?
それにしても、今度の選挙、行くかどうか悩ましい、
ですよね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

大丈夫なんかな?

・・・なんか前と同じニオイがする。傷つくだけなのに。
プロフィール

Jeylynx

Author:Jeylynx
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
ANA”旅感”
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる